ダイソンV7マットレスとV6マットレスプラスの比較と違い

最新のダイソンV7マットレスとV6マットレスプラスとの違いを比較します

ダイソンV7マットレスとV6マットレスプラスとの機能性能の違いを比較している女性

 

この記事では、最新モデルと型落ちの旧型モデルの機能・性能の違いをわかりやすく比較しています

 

ちなみに、ダイソンで布団専用の掃除機として販売されているのは、3機種しかありません

 

  • ダイソンV7マットレス
  • ダイソンV6マットレスプラス
  • ダイソンV6マットレス

 

この3機種が、ダイソンで販売されている布団専用クリーナーになりますので布団掃除をメインで使いたい人は上記の3機種を選ぶと良いでしょう

 

ダイソンの布団クリーナーの方は他の機種に比べて、ダニや花粉などのハウスダストを取り除く力が強いので、寝るとアレルギーが出てしまう人にオススメ

 

上記のマットレスシリーズ3機種の機能の違いを比較していきます

 

ダイソンマットレス

V7マットレス     (発売日:2017年 5月)
V6マットレスプラス  (発売日:2016年 5月)
V6マットレス     (発売日:2015年 5月)

 

この3つの違いは何?

 

違いは、6

 

  • 吸収力
  • 運転時間
  • ミニモーターヘッド
  • 重さ
  • 付属品

 

 

目次(クリックすると目的の記事が読めます)

・吸収力が強いダイソンマットレス
・運転時間が長いダイソンマットレス
・音が静かなダイソンマットレス
・改良ミニモーターヘッドがあるダイソンマットレス
・重さが軽いダイソンマットレス
・ダイソンマットレスの付属品一覧

 

1つ1つ説明していきます

 

吸収力が違う

 

吸収力が強いダイソンマットレスを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって吸収力が違います

 

吸収力が違うのは内蔵されている、モーターが違うから

 

機種名 種類 回転数 出力
ダイソンV7マットレス デジタルモーターV7 11万 350W
ダイソンV6マットレスプラス デジタルモーターV6 11万 350W
ダイソンV6マットレス デジタルモーターV6 11万 350W

 

上記のように、搭載されているモーターの種類が違います

 

しかし、回転数や出力が同じですよね?

 

回転数等が同じなのにどうして吸収力は違うの?と思う人もいますが、ダイソンV7とV6では数%ですが吸収力が違います

 

同じ回転数と出力ですが、V6マットレスの方が吸引力が強い!

 

その理由は、吸込仕事率が違うから

 

吸込仕事率が高い方が、吸引力が強くなります

 

機種名 吸い込み仕事率
ダイソンV7マットレス 通常:21WA

強:100WA

ダイソンV6マットレスプラス 通常:28WA

強:100WA

ダイソンV6マットレス 通常:28WA

強:100WA

 

V7マットレスは通常モードの吸込み仕事率を下げて、運転時間をV6よりも10分長くしました

 

そのため、通常モードだとV6よりも吸引力が落ちます

 

その分、運転時間が10分長い30分になったと思ってください

 

そのため吸引力に関してはV7マットレスよりもV6の方が吸引力が高くなっていますので布団の奥のダニも吸い込んでくれます

 

たった数%吸引力を強くするために開発には凄い苦労があったようです

 

開発秘話の動画を紹介します

 

デジタルモーターの開発秘話の動画

 

動画を見ると、ダイソンの吸引力にたいするこだわりが凄い!

 

ダイソンの技術部は吸収力の向上に命をかけてます!

 

実際に、ダイソン布団クリーナーで布団を掃除している動画を見てください

 

V7マットレス

 

V6マットレス

 

動画を見るとわかりますが、あっという間にゴミボックスに大量のハウスダストが溜まっていくのがわかりますね

 

どちらも、布団のハウスダストを大量に吸い込んでいるのが見てわかります

 

このハウスダストは長年、布団の中にあったので凄い量になってて、この中に大量のダニがいます

 

実際に顕微鏡でゴミを見た動画を紹介します

 

布団のハウスダストの中にいるダニを顕微鏡で見た動画

 

ダニが動いてて・・・気持ちが悪いですね

 

こういうダニがさっきのハウスダストの中にいますので、定期的に布団掃除しないとダメですね・・・・

 

これを吸い込むとアレルギーが出てきますので、布団クリーナーで掃除したほうがいいです

 

また、羽毛布団にも使えますよ

 

V7マットレスで羽毛布団を掃除している動画

 

付属品の「フトンツール」を使えば羽毛布団を傷めずに使えますので、羽毛布団の中にいるダニもしっかり吸い込みます

 

他社の布団クリーナーと比べると、どうなの?

 

他社の布団クリーナーよりもダイソンV7マットレスを選んで喜んでいる女性

 

他のメーカーも布団クリーナーを販売しているので気になる所

 

そこで、実際に他のメーカーの布団クリーナーと対決している動画を見つけましたので紹介します

 

ダイソンV6マットレスプラスと対決するのは・・・

 

  • レイコップ
  • パナソニック

 

かなり有名メーカーなので、どうなるか結果が楽しみですね

 

V6マットレスプラスと対決している動画

 

動画を見るとわかりますが、真ん中のV6マットレスプラスの方がシーツの下の小麦粉を綺麗に吸い込んでいるのがわかりますね

 

レイコップやパナソニックの布団クリーナーはダイソンよりも吸引力が弱いのか、小麦粉が全然吸い込めてない・・・

 

これでは布団の奥にある、ダニやハウスダストを完全に取り除く事は難しいでしょう

 

やはり、布団クリーナーはダイソンの一人勝ちですね

 

ダイソンV6マットレスは十分な量のハウスダストを取ってくれます

 

機種名 吸収力比較
ダイソンV7マットレス V6に比べて通常モードだと吸引力が弱い、そのぶん運転時間が10分長くなった
ダイソンV6マットレスプラス V7に比べて通常モードだと吸収力が強い
ダイソンV6マットレス V7に比べて通常モードだと吸収力が強い

 

このように違いますので選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

運転時間が違う

 

運転時間が長いダイソンマットレスを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって運転時間が違います

 

機種名 運転時間
ダイソンV7マットレス

・通常モード:30分
・強モード:6分
・モーターヘッド使用時:20分

ダイソンV6マットレスプラス

・通常モード:20分
・強モード:6分
・モーターヘッド使用時:17分

ダイソンV6マットレス

・通常モード:20分
・強モード:6分
・モーターヘッド使用時:17分

 

機種によって違いますので、掃除する布団の枚数が多い場合は運転時間が長い機種を選ぶと良いでしょう

 

バッテリーの種類は同じ

 

ダイソンマットレスに使われているバッテリーは同じです

 

(メーカーに確認しました)

 

使われているのは、リチウムイオンバッテリーです

 

リチウムイオンバッテリー

・劣化が遅く寿命が長い
・自然放電が少ないので充電の減りが少ない

 

機種名 バッテリーの種類
ダイソンV7マットレス リチウムイオン電池
ダイソンV6マットレスプラス リチウムイオン電池
ダイソンV6マットレス リチウムイオン電池(メーカーに確認しました)

 

ダイソンV7、V6とも同じリチウムイオン電池が使われています

 

バッテリー交換が出来る

 

ダイソンマットレスは全ての機種で自分でバッテリー交換が出来ます

 

そのため、バッテリーが劣化しても自分で通販で購入してバッテリー交換が出来るのでメーカーに送る手間が無い

 

バッテリー交換も簡単ですので女性でも出来ます

 

実際に動画で見てみましょう

 

バッテリー交換

 

動画を見ながらやれば簡単に出来ますよ

 

機種名 自分でバッテリー交換
ダイソンV7マットレス 出来る
ダイソンV6マットレスプラス 出来る
ダイソンV6マットレス 出来る

 

以上の事を参考にしてください

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

音の大きさが違う

 

音が静かなダイソンマットレスを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって音の大きさが違います

 

実際に音を聞いてもらった方がわかりやすいので動画を紹介します

 

ダイソン音比較

 

動画のはダイソンのコードレス掃除機ですが、内蔵されているモーターは「ダイソン布団クリーナーと同じです」

 

聴き比べると、ダイソンV7の方がダイソンV6に比べて音が静かですよね?

 

音を数値化してみましょう

 

機種名 音の大きさ
ダイソンV7マットレス

・通常モード:75デシベル
・マックスモード(強):83デシベル

ダイソンV6マットレスプラス

・通常モード:83デシベル
・マックスモード(強):91デシベル

ダイソンV6マットレス

・通常モード:83デシベル
・マックスモード(強):91デシベル

 

このように、ダイソンV7マットレスの方が数値で見ても静かですね

 

ダイソンといえば運転音がうるさい!大きい!というイメージがありますが、V7マットレスではさらに消音性を高めているので、V6マットレスプラスよりも運転音が静かになりました!

 

比べてみるとこれだけの違いがありますので、アパート・マンションに住んでいる人は隣に迷惑にならないように音が静かなV7マットレスを選ぶと良いでしょう

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

ミニモーターヘッドが違う

 

ミニモーターヘッドが違うダイソンマットレスを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって、ミニモーターヘッドの形状が違います

 

ダイソン布団クリーナーのミニモーターの比較

 

実際に比べて見ましょう

 

改良されたミニモーターヘッド

ダイソンV7マットレスのミニモーターヘッドのブラシの形状

 

従来のミニモーターヘッド

ダイソンV6マットレスプラスのミニモーターヘッドのブラシの形状

 

このように、ブラシの形状が違うんですよ

 

画像を見るとわかりますが、改良されたミニモーターヘッドの方が、隙間なくビッシリ付いているのがわかりますね

 

ビッシリとブラシが付いているので、布団の表面のダニ・花粉等のハウスダストを掻き出して吸い取ります

 

従来のミニモーターヘッドに関しては、ブラシの数が少ないので表面のゴミの取り残しが発生してしまう

 

そのため、布団の表面に付着した花粉・ダニの死骸・糞を多く吸い込みたいなら、改良されたミニモーターヘッドがある機種を選んだ方がいいでしょう

 

機種名 ミニモーターヘッドの種類
ダイソンV7マットレス 改良されたミニモーターヘッド
ダイソンV6マットレスプラス 従来のミニモーターヘッド
ダイソンV6マットレス 従来のミニモーターヘッド

 

ダイソンV7マットレスだけが、改良されたミニモーターヘッドが付いています

 

フトンツールは全ての機種にある

 

ダイソンフトンツールの比較

 

デリケートな羽毛布団や毛布に使う時に便利なフトンツールは全ての機種に付属品で付いてきます

 

ミニモーターヘッドとの違い

 

フトンツールとミニモーターヘッドの違いは何か?

 

それは、回転ブラシの有無です

 

ミニモーターヘッドはブラシが高速回転します

 

実際に見てみましょう

 

ミニモーターヘッド

 

凄い勢いでブラシが回転しているのがわかりますね

 

このブラシの回転でダニ・ハウスダストを掻き出す事ができますよ

 

フトンツールは回転ブラシがありません

 

ダイソンフトンツールの裏側

 

フトンツールの裏側を見ると回転ブラシがありません

 

そのため、吸収力だけでハウスダストを吸い込む仕組みです

 

回転ブラシは無いですが、ダイソンの強力な吸収力で布団の奥のハウスダストをしっかりと吸い込みますよ

 

実際に動画で見てみましょう

 

フトンツール

 

他社のレイコップよりも多くの小麦粉を吸い込んでいます

 

フトンツールを使用しても大量のハウスダストを布団から取り除く事が可能です

 

使い分け方

 

フトンツールとミニモーターヘッドの使い分け方を紹介します

 

フトンツール 回転ブラシが無いので布団・毛布の生地を傷めず掃除が出来る
ミニモーターヘッド

回転ブラシで布団の生地を痛める事があります

 

ベットのマットを掃除する時に使うといいでしょう

 

このように使い分けるといいでしょうね

 

機種名 フトンツール
ダイソンV7マットレス ある
ダイソンV6マットレスプラス ある
ダイソンV6マットレス ある

 

使う時に参考にしてください

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

重さが違う

 

重さが軽いダイソンマットレスを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって重さが違います

 

機種名 重さ
ダイソンV7マットレス 1.76kg
ダイソンV6マットレスプラス 1.3㎏
ダイソンV6マットレス 1.3㎏

 

ダイソンV7マットレスの方が少し重いですね

 

少しでも腕が疲れにくいのが欲しいなら軽い機種を選ぶといいでしょう

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

付属品が違う

 

ダイソンマットレスの付属品を紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは機種によって付属品が違います

 

機種名 付属品
ダイソンV7マットレス

・ミニモーターヘッド
・フトンツール
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・延長ホース
・ミニソフトブラシ

ダイソンV6マットレスプラス

・ミニモーターヘッド
・フトンツール
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・延長ホース
・ミニソフトブラシ
・ハードブラシ

ダイソンV6マットレス

・ミニモーターヘッド
・フトンツール
・コンビネーションノズル
・隙間ノズル
・延長ホース

 

 

コンビネーションノズル

ノズルの先っぽにブラシが付いていてブラシで汚れを落としながらゴミを吸い込んだり、ブラシを収納して吸引ノズルとしても使える

隙間ノズル

隙間ノズル

細い所のゴミを吸い取る時に使う

ミニモーターヘッド

 

大きなヘッドでは掃除しにくい場所も、小さなモーターヘッドを取り付ければ、ソファーや車の座席などのゴミを簡単に綺麗にできます

ミニソフトブラシ

ミニソフトブラシ

 

 

デリケートな表面のホコリをやさしく掃除します。

フトンツール

 

敷布団、掛け布団の表面のゴミを掃除してくれます

延長ホース

 

狭い車の中で使いやすい延長ホースになります

ハードブラシ

 

固いブラシを使っているので、タイルやマットに付着した泥汚れも擦りながら吸い込めます

 

 

 

機種によって付属品が違います

 

選ぶ時の参考にしてください

 

値段が安いダイソンマットレスはコチラ

 

ダイソンマットレスは排気フィルターの性能が高い

 

ダイソンマットレスの排気フィルターを紹介している電気屋の店員

 

ダイソンマットレスは布団を掃除しますから大量のハウスダストを吸い込む事になります

 

そこで大事なのが排気フィルターの性能

 

排気フィルターとは、吸い込んだダニ・花粉等のハウスダストを排気口から出ないようにするフィルターの事です

 

この排気フィルターの性能が低いと吸い込んだ大量のハウスダストが排気口から出てしまいます

 

実際に掃除機の排気口からホコリが出てくる動画を紹介します

 

掃除機の排気から大量のホコリが出て来る

 

このように、排気フィルターの性能が低いと大量のハウスダストが排気口から勢い良く出て部屋を汚します

 

ダイソンマットレスの全てのフィルター性能が高い

 

ダイソンマットレスに搭載されている排気フィルターは「ポストモーターフィルター(HEPA)」が使われているので動画のようにハウスダストが出てきません

 

ポストモーターフィルター 0.3μmの粒子を99.9%カット

 

ポストモーターフィルターとは、「HEPAフィルター」になり、フィルターの性能は「0.3μmの粒子を99.9%カット」しますので、布団から吸い込んだ大量のハウスダストを外に排出しないので、ハウスダストを吸い込む心配はありません

 

他の「HEPAフィルター」が搭載されていない布団クリーナーの場合ですと、排気口から吸い込んだ細かい、ハウスダスト(ダニ・カビ・花粉)が出てきてしまい

 

それが部屋中に撒き散らされ、吸い込む事に・・・

 

HEPAフィルターが無い布団クリーナーは吸い込んだハウスダストが排気から出て空気中に舞い上がる

 

布団を掃除しているようで、ハウスダストを空気中に舞い上げているだけ・・・という事にならないように「HEPAフィルター」が搭載されている布団クリーナーを選びましょう

 

ダイソンマットレスは全て、「HEPAフィルター」が搭載されていますので吸い込んだハウスダストは外に出しません

 

ダイソンV7マットレスにはHEPAフィルターが搭載されているのでハウスダストを排気口から出さない

 

実際に動画で見てみましょう

 

ダイソンのポストモーターフィルター実験

 

動画を見るとわかりますが、HEPAフィルターが搭載されているダイソンからは全く粒子の煙が出ていません!

 

そのため、アレルギー体質の家族や子供がいる場合でも安心して布団掃除が出来ますね

 

機種名 ポストモーターフィルター
ダイソンV7マットレス ある
ダイソンV6マットレスプラス ある
ダイソンV6マットレス ある

 

選ぶ時の参考にしてください

 

以上が、ダイソンマットレスの機能の違いでした

 

共通機能

 

ダイソンマットレス全ての機種に共通してある機能を紹介

 

排気フィルター 「HEPAフィルター」を搭載、0.3μmの粒子を99.9%カット!
吸引サイクロンの数 15個(数が多いほどゴミを分離する機能が高い)
充電時間 約3.5時間

 

上記がダイソンマットレスに共通してある機能です

 

ダイソンマットレス一覧

 

  商品名 充電時間 布団ツール
ダイソンV7マットレス

Dyson V7 Mattress(マットレス)

 

運転時間:30分

 

アマゾンでダイソンV7マットレスの口コミを見る

 

楽天でダイソンV7マットレスの口コミを見る

 

3.5時間
ダイソンV6マットレスプラス

Dyson V6 Mattress+(マットレスプラス)

 

運転時間:20分

 

アマゾンでダイソンV7マットレスの口コミを見る

 

楽天でダイソンV7マットレスの口コミを見る

 

3.5時間
ダイソンV6マットレス

Dyson V6 Mattress(マットレス)

 

運転時間:20分

 

アマゾンでダイソンV6マットレスの口コミを見る

 

楽天でダイソンV6マットレスの口コミを見る

 

3.5時間

 

 

 

7社の布団クリーナーの特徴一覧

ダイソン

レイコップ シャープ コロネ

ダイソン布団クリーナー

日本で一番売れている、ダイソンの布団クリーナーの最新モデルを紹介

レイコップ布団クリーナー

6種類もあるレイコップの機能や特徴の違いを説明します

シャープ布団クリーナーコロネEC-HX150

シャープの布団クリーナー、コロネEC-HX150の特徴を紹介

日立ふとんクリーナー PV-FC100 東芝布団クリーナートルネオV VC-CLF1 パナソニック紙パック式ふとんクリーナーMC-DF500G

日立ふとんクリーナーPV-FC100

日立の布団クリーナーの特徴を紹介

東芝布団クリーナートルネオVコードレスベッドスタイルVC-CLF1

東芝の布団クリーナーの特徴を紹介

パナソニック紙パック式ふとんクリーナーMC-DF500G

布団クリーナーで唯一の紙パック式です
アイリスオーヤマ布団クリーナー    

アイリスオーヤマ布団クリーナー

アイリスオーヤマの布団クリーナーのIC-FAC2、IC-FDC1の違いを比較


ダイソン関連情報


ダイソン布団クリーナーとコードレス掃除機の違い比較 ダイソン布団クリーナーとハンディクリーナーの違い比較 ダイソンDC61とダイソン布団クリーナーの違いを比較

ダイソン布団クリーナーとコードレス掃除機の違い

ダイソン布団クリーナーとコードレス掃除機の違いを比較

ダイソン布団クリーナーとハンディクリーナーの違いを比較

ダイソン布団クリーナーとハンディクリーナーの違いを比較

ダイソンDC61とダイソン布団クリーナーの違いを比較

ダイソンDC61とダイソンマットレスの違いを比較

レイコップとダイソン布団クリーナーの違いを比較 ジャパネットたかたハンディクリーナー違い  

レイコップとダイソン布団クリーナーの違いを比較

レイコップとダイソン布団クリーナーの違いを比較

ジャパネットたかたのダイソンハンディクリーナー

ジャパネットたかたモデルのダイソンハンディクリーナーの違い


悩みを解消してくれる、布団クリーナー


悩み別に分けましたので、気になる記事を読んで参考にしてください
吸引力が強い布団クリーナー アレルギー対策の布団クリーナー カビ予防できる布団クリーナー

アレルギー物質のダニや花粉を吸い込む強力な吸引力の布団クリーナー

ダニ・花粉・ハウスダストを強力に吸い込んでくれる布団クリーナーを紹介

布団クリーナーを使うと喘息や花粉症などのアレルギー症状は改善する?

布団クリーナーを使うと、アレルギー対策は出来るのか?

布団クリーナーでカビの発生を予防できる機種

布団クリーナーで布団のカビを予防できる、機種があります!
猫・犬の毛を取る布団クリーナー 紙パック式の布団クリーナー 排気が綺麗な布団クリーナー

布団クリーナーで布団に絡まったペットの毛を取る機種

布団や毛布に絡みついた、ペットの毛を取る布団クリーナーを紹介

紙パック式の布団クリーナー

紙パック式の布団クリーナーを紹介

排気が綺麗な布団クリーナー

排気が綺麗な布団クリーナーを紹介、マスク無しでもOK
コード式・コードレス式 準備中 準備中

電源コード式、コードレス式の布団クリーナー

電源コード式、コードレス式の布団クリーナーを紹介